FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今までにないランプ 

チャームさんのところでモニター募集していた新しい蛍光灯、モニター募集に応募したところ本日商品が届きました。

どこが新しいのか?チャームさんの商品紹介から抜粋です。

昨日から特売を開始しましたテクニカのレフランプ。この商品のすごいところは、蛍光管の中に反射膜をもうけている点。この反射膜のおかげで、従来の蛍光管よりも3割光量がアップしている代物なんです。電気的な規格や特性は従来の照明と同じですので、20Wの蛍光ランプと交換するだけでOK。

現在こんなラインナップをご用意しています。


テクニカ・レフクリアー ランプ 20W形18W
13000Kの...
今までにないランプ




今まではレフタイプの電球型蛍光灯を使用していました。レフ球だけあって光の広がり具合や光量についてはかなりいい感じでしたが、白色のためにいまいち海感が感じられませんでした。
20070117194603.jpg

生体の姿が見えないと淡水水槽にも見えないこともない・・・

今回の商品は20型(18W)の直管蛍光灯(ブルー)が2本のセットでしたが、手元にある対応する器具というと淡水水槽に使用している1灯タイプのみ。30cm水槽には大きすぎるのですがとりあえずということで淡水水槽と照明器具を入れ替えてみました。

設置して見た感想は「青い!!」1灯だけですがこのサイズの水槽には十分でした。
20070121205057.jpg


ただし同じレフタイプとはいえ電球型に比べると光の広がり具合がちょっと物足りない感じです。
電球型の方ですと底に生体の影が映るのですが、直管型ですと影の部分まで光が回り込む感じです

明るさ的には今まで淡水水槽の時に使用していた白色タイプに比べると明るい感じがします。

色の感じは少し青が強いかな?といった感じです。水槽内のバイカラードッティバックの赤部分が紫に見えてしまいました。
20070118203808.jpg20070121205123.jpg

ただし水槽内に赤色が少ない(もしくは無い)場合にはちょうどよいのではないでしょうか。

個人的にはもう少し明るい(白い)状態がいいようなのでクリアータイプも併せて使用するといいのかもしれません。
20070121205111.jpg


水槽サイズに比べると大きな灯りではありますが全体的に満足いく感じになりました。次回は白色の灯りも追加してレポートしてみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taqua.blog61.fc2.com/tb.php/45-b044a962









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。